2007年12月25日

あのクーデターって?

なんかものすごく久々の日記です。
なんかずーっと忙しくて・・・
やっと落ち着きました。

さて、12月23日(日)タイでは選挙がありました。
選挙前の22日(土)はアルコールの販売が禁止され
お水系はいい迷惑だったと思います。

選挙結果は前首相タクシンさん一派が勝利。
今後タクシンさんが表舞台に立つことはないでしょうけど、

かつての田中角栄や小沢さんと同じように裏から糸を操る構図が
想像できます。

ようは地方へのバラマキ政策が支持されたわけで、
投票権を持つタイ人の多勢を占める地方の人々にしたら、
別にタクシン前首相が政治と自分のビジネスを結びつけて
私腹を肥しても「別に気にしない」「汚職・賄賂」
「何で悪いわけ?」てな感じみたいです。

但し、タクシンさんはこれまでの政治家と違って、
地方に目を向けたと言う点では賞賛されてもよいでしょう。
今までほったらかしだった地方と言う大きな市場を開拓した点では
やはり彼は優秀なビジネスマンと言えますね。

しかしあのクーデターは一体何をタイ国民にもたらしたのでしょう?
結局は一年以上経済を停滞させただけで、
何の益もなかったような・・・

だって、今後タクシンさんが黒幕として表に出ないと言うことは
裏で糸引いて何にかしでかしても罰することが難しくなり
民主主義の自浄能力が著しく損なわれると言うことですもんね。

みなさん、どう思います?
posted by MAT at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。